読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EDGEHIKER READINGS

EDGEHIKER SHOPの読みものです

グラス・ハウスの保存に寄付して、草間彌生のオブジェを手に入れよう!

建物の保存と寄付

 今日はグラス・ハウスという住宅の話です。

f:id:edgehiker:20161124222257j:plain

 以下の記事でも書きましたが、特に文化的に価値ある住宅をどのように保存していくのかは、なかなか難しい問題です。

readings.edgehiker.com

 アメリカを代表する建築家であり、近代建築の父ともいえるフィリップ・ジョンソンは、先代から莫大な富を受け継ぎ近代の20世紀の建築文化の発展に尽くしてきました。ジョンソンの自邸グラス・ハウスも、近代建築の文化的遺産として保存されています。彼は、2005年に99才で亡くなった。彼は自分がいなくなった後の自邸の使い方をナショナル・トラストと事前に決めていました。こういった住宅の保存方法は理想形のひとつと言えるでしょうが、莫大な遺産によって作られた資産管理財団などがなければ、なかなか難しいでしょう。

寄付金の文化

 米国や欧米には、寄付の文化があります。かつては、町の教会などはすべて人々の寄付によって成立していました。教会は、結婚式、お葬式、子供誕生、堅信式など人生の節目となる儀式を行う場所であり、まさに個人と社会を結ぶ儀礼の場所でした。その、個人的生活の延長線上にあるモノ(教会)やコト(ミサ)に寄付をするのは、なんかわかる気がします。個人のものじゃないけど半分ぐらい自分の生活に関わる社会的なもの、個人を成立させてくれている社会への恩返しのような、『社会参加している気持ち』を明確にできる行為なのでしょうね。

 グラスハウスの寄付では、1000ドル以上の場合、お礼として草間彌生のオブジェをもらえるようです。オブジェをもらえるから寄付をするということではないけれど、寄付の行為に対して、なんらかの返礼(贈与には返礼はつきものですからね)があるとちょっとうれしいですね。いつまでかはわかりませんが、興味があればどうぞ。

f:id:edgehiker:20161124143649j:plain

グラス・ハウスの見学

 以下のサイトから予約して、グラスハウスを実際に見学に行けます。しかし、見学は春から秋までに限定されていて、冬期は閉館していますのでお気を付けください。また予約は必須なので注意しましょう。なかなか予約できない時期もあるので、行きたい場合は早めの予約をお勧めします。

The Glass House

 ニューヨークから、電車でとことこニューカナン駅まで行きます。

f:id:edgehiker:20161124153409j:plain

 それにしても、今はスマホがあるので、どこに行くのもかなり楽になりましたね。店長にとっては、まさにスマホの利用はポータブル地図の活用に集約されます!これさえあれば、どこでもいける!!

 

f:id:edgehiker:20161124150453p:plain

 !Stamford駅での乗り換えは、注意です。電車の行き先をしっかりと確認しましょうね!

 あとは、目の前にあるグラス・ハウス見学用に待ち合せ場所(レンガの綺麗な建物です)から出発です。

f:id:edgehiker:20161124153415j:plain

f:id:edgehiker:20161124153723j:plain

f:id:edgehiker:20161124153849j:plain

 ここには、いろいろとお土産ものもあるのでお勧めですよ!

f:id:edgehiker:20161124153908j:plain

f:id:edgehiker:20161124153941j:plain

f:id:edgehiker:20161124153944j:plain

f:id:edgehiker:20161124153952j:plain

f:id:edgehiker:20161124153955j:plain

f:id:edgehiker:20161124153958j:plain

f:id:edgehiker:20161124154001j:plain

f:id:edgehiker:20161124154005j:plain

f:id:edgehiker:20161124154009j:plain

f:id:edgehiker:20161124154040j:plain

f:id:edgehiker:20161124154047j:plain

f:id:edgehiker:20161124154054j:plain

f:id:edgehiker:20161124154056j:plain

f:id:edgehiker:20161124154057j:plain

f:id:edgehiker:20161124154059j:plain

f:id:edgehiker:20161124154100j:plain

f:id:edgehiker:20161124154102j:plain

f:id:edgehiker:20161124154103j:plain

f:id:edgehiker:20161124154105j:plain

f:id:edgehiker:20161124154107j:plain

f:id:edgehiker:20161124154109j:plain

f:id:edgehiker:20161124154112j:plain

f:id:edgehiker:20161124154113j:plain

f:id:edgehiker:20161124154116j:plain

f:id:edgehiker:20161124154118j:plain

f:id:edgehiker:20161124154121j:plain